fc2ブログ

Dance! Baby, Dance!・・・たまに子育て。

スキップ!ダンススタジオでの出来事、これからのこと。コンテンポラリーダンス[en]の作家としてのこと。あと、チビ姫あんのこと。  奮闘記だっ!
2008年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2008年10月
月別アーカイブ  [ 2008年09月 ] 

9・11

9・11テロの日、私はNYにいた。

当時友達のアパートにルームシェアさせてもらっていた私はルームメイトの友達からの電話で目が覚めた。

「マンハッタン大変な事になってるみたい」

寝ぼけマナコでTVをON。
・・・なんか良くわかんない。

隣のデリで朝飯のサンドウィッチを買い、友達とデリでTVを見ていた。

「第二機衝突!」の瞬間を目の当たりにし、震えた。

デリのおっさんは、
「お前ら帰れ!店閉める!」
と私たちを追い出した。

急いでアパートに帰った私たちが目の当たりにしたのは真っ黒な煙が窓を覆ったあと、真っ白な煙が押し寄せた。

やばい
本当にやばい。

LA大震災も経験し、翌年NY大寒波でも被害を経験していた私はある程度の災害には免疫があった。
でもこれは作為的で、天災ではなく、これから被害がどこまで広がるかわからない恐怖。


でも本当の恐怖はここからだった。

連日CNNで放映されるWTCに残された被害者の最後の声。
悲惨なマンハッタンの現状。
悲しみに呆ける人、人、人。

何かしなくては。



それから毎日止める友達を振り切り、マンハッタンの支援所に救援物資を届け、ボランティアの列に並んでいた。

毎日、毎日、雨の日も、台風でも、支援を寄付し、ボランティアに徹していた私の耳にある日本語が、

「これさー、WTCに旅客機突っ込む瞬間の写真Tシャツにしたら売れるよね!」

・・・最低。
これほど同じ日本人であることを恥じた瞬間はない。


同じ環境で同じ事を経験し、でた言葉。
なんて寂しい人なのだろう。
多分一生かけても友達にはなれない人種だ。


私はあくる日もあくる日もマンハッタンに出向き、毎日「変化」を感じていた。
たとえばテロの翌日のマンハッタンは煙のにおいだったのが、次の日は肉と紙が焼けたようなにおいに、次の日はプラが焼けたようなにおいに・・・。

私には重過ぎる現実。
その後追悼のイベントなどに積極的に参加したが、当時私を掴んだ恐怖の五感が離さず結局私は逃げるようにNYをあとにした。



今でもこの時の事を思い出すと震える。
今でも旅客機追突の映像を見れない。
今でも涙が自分でもどうしたらよいのかわからないほど止まらない。

だれのせいなのだろう?
Fuck Osama Bin Ladin?
Fuck George Bush?
Either way、私たち庶民のせいではない。
でも一番被害を被っているのは庶民なのである。


政治家さん。こんな方法で実績を証明しないでください。
私たちは侵略も拉致も戦争も望んでいません。
あなたたちのケンカはガチで殴り合ってください。
Love thy, neighbor
キリストもそう叫んでいたはずです。

私はアートで叫びます。
どうか武器を下ろす日がきますように。
どうかこんな悲しい日が二度と訪れませんように。
Peace out.
スポンサーサイト



【 2008/09/11 (木) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

SKIP!ちゃん

Author:SKIP!ちゃん
辻堂駅前でダンススタジオを経営。アメリカで振り付け、ダンサー武者修行を11年経て日本に帰国。ダンスって楽しいにゃー!

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード